ホーム > ドーム探検隊02

ドーム探検隊

第2回 張弦梁構造(ちょうげんばりこうぞう)の巻

今回は、グリーンドームの建築構造(けんちくこうぞう)を紹介するよ!      


さて、これがいったいなんだかわかるかな??      
  



(ヒント)グリーンドームのとても重要なものを引っ張っています!          



 正解は、グリーンドームの大屋根(おおやね)を引っ張っているワイヤーでした!
 グリーンドームの屋根は柱(はしら)で支えているのではなく、中央リングからおおよそ野球のバットくらいの太さがある直径84mmが24本、直径72mmが44本の計68本のワイヤーを放射状に(放射状)に張り巡らせ、その引っ張り合う力(張力:ちょうりょく)によって支えているんだよ。
 弓(ゆみ)が弦(げん)の張力(ちょうりょく)によって円弧(えんこ)を描くという原理を利用したものなんだ!!



これを張弦梁構造(ちょうげんばりこうぞう)と言って、この構造での建築物(けんちくぶつ)としてグリーンドームは世界最大級(せかいさいだいきゅう)なんだ!!